家を買う

【第8話】初回の商談を終えて(大手ハウスメーカーの営業さんの印象

8,商談終えて、営業さんの印象

 

いやー、しかし凄かった。

さすがトップ営業マンって感じがしました。 

あっ、トップかどうかはわかりませんが。😎

 

 

ツッコミ
ツッコミ
知らんのかーい。

 

結構グイグイ来てくれたのですが、全く嫌な感じがしないのが不思議なところでした。

絶賛ハウスメーカー難民中の私たちには、とても有難い熱量での提案でした。

正直、噛み合っていないのは私たちが想定している予算だけ。

 

1回目の商談を終えて

私はもう、こちらでお世話になりたいと内心思っています。コッソリ。

 

 

ツッコミ
ツッコミ
いや、早いな笑

 

理由はこの営業さんがとてもおもしろい人だと思ったこと。

 

面白いっていうと語弊あるのですが、家づくりを一緒にしたらワクワクしそうと思ったのです。

 

私は、いつも本能型の直感型でござります。

(ヒョウコウ将軍もびっくりです笑)

突撃じゃぁ!!

 

大手ハウスメーカーに対する印象

家の街並み

あと、大手のハウスメーカーさんの私の勝手イメージも変わりました。

 

大手の営業さんは、大きい家を売りつけて利益上げてなんぼと勝手に思い込んでいたのですが、それとは真逆の印象があり、家を売ると言うより、それまでの過程を楽しまれている印象です。

 

そうなんですよね。

 

私が、あの中堅ハウスメーカーさんに違和感を感じたのは前面に家を売ること、契約をいきなり迫ってこられたことがだったんですよね。

 

私たちにとって家を買うことは手段であって目的ではないんですねん。

 

目的はあくまで家族が幸せに豊かに暮らすこと。

 

家を買うことはそのための手段であります。

 

それを一緒に考えてくれる人と私は家を建てたい。

 

初対面でしたが、こちらの方となら楽しく家づくりができそうだと私は感じました。

 

妻は、確かに良い人とは言うてますが、結構イケイケガンガンにやられそうで少し引いている所もありました。

 

ですが、後日、妻もこの方とコンセプトは私も同じなんやねーっというてました。

 

どこがっと聞くと、楽しく家を建てるってのは大事にしたいとのこと。

 

おっ、良い感じですやん。

 

あとは、次の営業さんとお会いする実例見学会までに、上手に妻の思考をポジティブにしていきたい。

 

まぁ、そんな私も予算が現時点で爆上げパーティービーポーなので、これをどう考え方を変えて受け入れるか。

 

私も腹を括って判断していかねばなりません。

 

しかし、私は予算面で妻を説得する奥の手を隠しています。

 

それは、また別の話。 

次回に続く。 次回の第9話はコチラ↓からご欄下さいませ。

ポイント
【第9話】実例見学会のポイント9,実例見学会にむけて 皆さん、実例見学会ってご存知ですか? 家づくり初心者の私はそれを聞いてもあまりピンと来ていませんでし...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です